日本語 English 中文
あなたのファンを3倍にする、経営理念をベースに創られたストーリー+漫画サービス【オウジサマアイランド】

オウジサマアイランド代表”王子月乃”からご挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

【代表からのご挨拶】

 

はじめまして、こんにちは。
 

オウジサマアイランド代表、漫画家の王子月乃(オウジツキノ)です。
 

突然ですが、あなたは、
日本全国で、個人事業主が何人いるかご存知ですか?
 

個人事業主の数……。

 

なんと、正解は481万人以上。
就業者全体のうち、実に54.8%が個人事業主なのです。
実際聞いてみると、ものすごい数でしょう?
(引用元:平成26年4月/中小企業庁/個人事業主を巡る状況と事業継承に係る課題について)
 

やはり気になるのは、じゃあ実際儲かってるの?という部分ですよね?
これには残念ながら、
全業種の40%以上が売上の停滞・減少が課題だ、との回答が出ています。
 

これは何でかというと、結局のところ、ライバルに埋もれちゃうからですね。
これだけ数が多いのですから、当然といえば当然です。
 

個人事業主のビジネスの共通点

 

さて、話は変わりますが、
私が東京という場所で、個人事業主としてビジネスを立ち上げてからというもの、
個人事業主の方との交流が一気に増えました。
そこで私は、ある一定の法則に気が付いたのです。
 

「なぜあなたは、このビジネスを立ち上げたのですか?」
という質問をされる機会が多いからか、
個人事業主の方とお話は、
経営理念、志命に至るケースが非常に多く、
多くの方は、
世の中を明るくするために、
経済を活性化するために活動をされているのです。
 

私はそんな、
日本全国から東京に集まってくる個人事業主の皆さんを見て、
「これ福岡で見た、蛍の森みたいだ!」と思ったのです。
 

「蛍の森」について

 

facebook-cover-20160312
 

私は以前、福岡に住んでいた時期があり、
そのときは毎年「蛍の森」を観に行っていました。
 

福岡県の星野村という場所では、
毎年6月頃になると、蛍を観に行く事が出来ます。
それは梅雨の時期の
ほんの2週間程度だけ観ることを許される、特別な空間なのです。
 


(*フリー素材動画/YouTubeより)
 

人が多いと蛍は集まってきません。
 

静かな人里離れた場所で、川が流れる美しい場所で、
カンカン照りでもだめ、雨が降ってもだめ、風が強くてもだめ、
湿り気を帯びた、やや曇り空で……、という、
特別な状況下でしか成立しない贅沢な空間、それが「蛍の森」です。
星たちが目の届く場所、森の中にまで降りてきてくれたような、
そんな奇跡的な体験なのです。
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

さて、あんなに大好きだった蛍の森と、
突然お別れのときがやって来ました。
とある事情があり、
東京に戻ることになったのです。
 

毎年欠かさずに観に行っていた蛍の森も、
東京へ引っ越ししてからというもの、
物理的距離やスケジュールの問題などから、
全く観に行けなくなってしまいました。
 

毎年行きたいな〜、でも行けないな〜、と、
蛍の森に思いを馳せていたときに、ふと思ったのですよ。
 

「蛍の森、自分で創ればいいじゃない!」って。
 

オウジサマアイランドという名前は、そこから着想を得ました。
 

オウジサマアイランドという名前に込めた思い

 

個人事業主は、王様にはなれないかも知れない。
でも、王子様にはなれるかも?
 

個人事業主は、国は持てないかも知れない。
でも、島ひとつくらいなら持てるかも?
 

その、ひとりひとり、独立した個人事業主という王子様が、
自分で切り盛りできる島を手に入れて、経済活動や貿易をするさまが、
俯瞰で見たときに、まるで蛍の森のように見える状態にしたい!
 

そんな思いを込めて、
「オウジサマアイランド」という団体名に致しました。
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

私は、漫画家として、ストーリーと漫画の力を使い、
個人事業主の皆さまのひとりひとりが、光り輝く王子様になれますよう、
ブランディングのお手伝いを致します。
ファン創りにお悩みの起業家の方は、是非私にご相談下さい。
 

そして、オウジサマアイランドでは、スタッフも募集しています。
あなたも私と一緒に、
みんなで明るい未来を信じて生きていけるような、
蛍の森を創りませんか?
 

自分の未来も創造出来るクリエイターでいたい

 

私も漫画家のはしくれなら、妄想世界だけ創ってハイ終わり、はイヤでした。
「クリエイターっていうなら、
現実世界もクリエイトしたら、創ったらどうかね?」とセルフツッコミが入ったのです。
 

なので、折角この世に産まれてきたのなら、
世界というデッカイストーリー漫画を描いてみよう!と思いました。
原稿用紙が超デカイし、ストーリーも長いし、作画も時間がかかるしで、
ヒーヒー言ってますが、いまこの挑戦が出来て良かったです。
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

行きづらい世の中だねえ、不景気だねえと言われているけど、
こんな風に、
挑戦できる人が一人でも増える(殖える)ことを、私は願ってやみません。
 

オウジサマアイランド/イメージイラスト
 

—–

2016年9月30日
オウジサマアイランド代表/王子月乃
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    • 『The Creator of the world as itself is itself.』
      〜あなたのファンを3倍にする、
      経営理念をベースに創られたストーリー+漫画サービス〜
      【オウジサマアイランド】
      http://oujisamaisland.com

 

    • 『Prince Charming in Underground Wonderland.』
      〜アンダーグラウンドの王子様/
      王子月乃個人サークル”harshwordsworth”〜
      【王子月乃Official Blog】
      http://harshwordsworth.com
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket