日本語 English 中文
あなたのファンを3倍にする、経営理念をベースに創られたストーリー+漫画サービス【オウジサマアイランド】

あらやっちゃった!広告漫画、失敗エピソードの巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

広告漫画に興味をお持ちの読者のみなさま、こんにちは。
今日はみなさまに、大変残念なお知らせがあります。
 

あらやっちゃった!広告漫画、失敗エピソード!

 

なぜ記念すべき第一回目の記事で、
いきなりこのようなお話をするのかというと、
広告漫画は使い方を一歩間違えると、
どんなにその作品自体に人気があろうとも、
全てが台無しになってしまうということを、
しっかりとお伝えしておきたいからです。
 

日本国内で、かつ、海外でも大人気のあの有名漫画でさえ、
広告の打ち方を間違えると大失敗する。
今回はそんな例を挙げたいと思います。
 

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で流れたとあるCM

 

みなさんは2015年12月18日に劇場公開された、
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」はご覧になりましたか?
 

TOHOシネマズでは
「スター・ウォーズ」の映画本編上映前に、
アニメ劇場版「ONE PIECE」のコマーシャル映像を流しました。
 

そのCMは、
アニメ劇場版「ONE PIECE FILM GOLD」の 予告編となる
約30秒の映像で、
ルフィたち麦わらの一味が
「スター・ウォーズ」のコスプレをして登場し、
ルフィが「スター・ウォーズ」へエールを贈るという内容です。
 

「スター・ウォーズ」の新作上映という話題性に便乗する形で、
「スター・ウォーズ」の世界観と そぐわない予告CMを差し込んだことで、
「スター・ウォーズ」ファンからはブーイングの嵐。
さすがの「ONE PIECE」ファンも 、
「ONE PIECEは好きだけど、 さすがにあれはちょっと……」とドン引きです。
 

なんで国民的な大人気漫画なのにブーイング?

 

国民的に愛されている有名漫画でさえ、
広告の打ち方を間違えるとヘマをやらかす。
 

この事実を聞いて、
「自分の商品を広く知ってもらうために 広告漫画を依頼してみようかな?」と
思って下さっている方は、
ビックリしたのではないでしょうか?
 

なぜなら、
「みんなの大好きな漫画という形であれば、
広告でも受け入れてくれるはずだ」と思っているから。
 

その認識は、実は大間違いなのです。
 

このBlogを読んで下さっているみなさまには、
是非とも、正しい広告漫画の使い方を理解していただきたい。
 

どうか今回の「ONE PIECE」のようなヘマを やらかさないでいただきたい。
 

今日覚えていただきたい言葉はこちら。
 

「広告と付くものは、たとえ漫画であっても読者は大嫌い」 です。
 

それではまた次回お会いしましょう!
「アイム・ユア・ファーザー」<ダース・ベイダーの声マネをしながら
 

追伸: ダース・ベイダーとウォーズマンは兄弟です(嘘です)
 

/王子月乃
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    • 『The Creator of the world as itself is itself.』
      〜あなたのファンを3倍にする、
      経営理念をベースに創られたストーリー+漫画サービス〜
      【オウジサマアイランド】
      http://oujisamaisland.com