本当に頭のいい人やプロは忘れる達人だ! なぜ漫画の設定画が必要なのか?

タスク管理術から見る設定画の必要性

 
 
このタスク管理術は真理だと思います。

「タスク管理をしっかりやると、人生が変わるくらいのインパクトがある」という話。


 
 

「君はそれは
タスク管理をすると「仕事に追われる」と言ったね。」
「はい。」
「それ、逆だから。
タスク管理をしないから、仕事に追われるんだよ。今みたいに。」
引用:http://blog.tinect.jp/?p=45701

 
 
この問いが産まれる背景に、
 
「記憶力が高い人間が優秀で
頭がいい人である」
 
という考え方があるように思います。
 
 

設定画を書く理由とは?

 
 

 
 
私は漫画を描くときに、
キャラクター設定や
背景設定を必ず描くのですが、
 
「わざわざ設定を描くってすごいですね、
自分は描かないです」
と言われて、
 
逆に脳内に記憶しておくのって
スゴイなと思った次第です。
 
 
私は作画の最中は、
作画に全力投球したいので、
脳内の記憶領域は
限りなく
ゼロにしておきたいのです。
 
 
外部記憶装置に担わせられる領域が
あらかじめ分かっているなら、
一旦脳の外に
完全に出してしまった方がいい。
 
 
その方が作画という
クリエイティブな行為に使える
脳内領域が増えるからです。
 
そっちの方が俄然、
仕事のパフォーマンスが上がると思いません?
クライアントと
情報共有もできるのだし。
 
 

思い出すという行為はムダである

 
 
自分の過去の仕事を振り返ると、
都度思い出して描くという行為に、
ものすごく時間のムダを感じていました。
 
設定を思い出そうとするたび、
作画がストップするんですよ。
その時間って、
もったいないですよね?
 
思い出している時間に比例して、
原稿のクオリティが上がるわけじゃないし、
完全に自己満足でしかないです。
 
 
設定画を一度描いてしまえば、
既に描かれているのだから、
思い出す必要はありません。
設定画を見ればいいだけです。
 
アシスタントさんと共有もできるし、
メリットしかありません。
 
 

忘れる達人を紹介します

 
 

 
 
私がお世話になっている
ビジネスコンサルタントの先生がいるのですが、
 
その先生は話している最中に、
「えっとー、あのー」
というのが結構多いんです。
 
これ、実は、
本当に頭のいい人を見極めるポイントなんです。
 
 
この先生は、
外部記憶装置に担わせられる情報は
いちいち覚えておかないんですよ。
 
これは自分の脳内領域を
考えることだけに使いたいからです。
 
 
ビジネスコンサルタントとして、
プロとして、
そこまで振り切っている。
カッコいいぜ、生き様が。
 
 

本当に頭のいい人とは?

 
 
本当に頭のいい人というのは、
 
頭の使い方を分かっていて、
脳の性質を理解していて、
最大のパフォーマンスを発揮できる人の事だと思います。
 
プロであればあるほど、
忘れることに長けているんだなと。
見習わなくては。
 
 
だから私は
これからも設定画を描きます。
 
 

王子月乃
それではまたね!!!

 

 

投稿者プロフィール

PrinceCharming
PrinceCharming【あなたのファンを3倍にする漫画家】
【王子月乃 / オウジツキノ】

中小企業・起業家の方向けに、
経営理念から作ったストーリーと漫画の力を使い、
問い合わせ件数を増やすお手伝い、
ファンづくり、ブランディングをサポート致します。

関連記事

  1. コメダ珈琲店のミックスジュース君、もうアナタだけ!カッコいい!抱いて!…

  2. オウジサマアイランド、年末年始休業に関してのお知らせ

  3. 経営理念や生き様は会社のファンを創るのにうってつけのストーリーだ!の巻…

  4. たった700円でアナタもプラットフォーマーになれる!一瞬で市場をコント…

  5. 2016年10月開催分セミナーのお知らせ(10/26水)です。

  6. 2016年5月開催分セミナー終了致しました(5/21土、5/25水)

  7. 無限なる愛を沢山の人に伝える方法。1/21(日) 12:00、FMラジ…

  8. 私が情報商材系メルマガから学んだこと。◯◯とお金の親和性の高さたるや、…