日本語 English 中文
あなたのファンを3倍にする、経営理念をベースに創られたストーリー+漫画サービス【オウジサマアイランド】

パンダへ書いたラブレター〜誰かに愛されたいのに、それをうまく伝えられないあなたへ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

王子月乃
みなさん、こんにちは!

王子月乃
あなたのファンを3倍に!
世の中の常識を変えるマンガ・アーティスト、
王子月乃です。

 
 

愛されたくない人などいない

 
 
優しくされたくない人などいない。
愛されたくない人などいない。
 
ただそれを伝えるのが
とことん不器用な人はいる。
 
ついつい悪態をついてしまったり、
心にもない事を言って傷付けてしまったり。
 
それはこちらの
優しくしたいという気持ちを萎えさせるのだ。
だからしんどいんだな。
 
こちらもいい大人だから、
反撃などいくらでもできる。
でもそこが本質ではないんだよなあ……。
 
本当にやるべきなのは
ボタンのかけ違いを直すことなんだ。
 
 

好きだけど怖い人

 
 
私は以前、パンダのような人が好きでした。
 
人気者タイプでリーダー的、自信家、
でもちょっぴり野暮ったくて可愛い、
そんなタイプの人。
 
でもパンダは可愛い顔して凶暴だ、怖い。
パンダは檻の外から眺めていたいし、
パンダと同じ檻に入りたくはない。
 
殺されないように距離を置かなければならないし、
緊張感を伴うから、長く一緒にいたくはない。
 
いざという時に撃つための麻酔銃が手放せないし、
自衛隊を呼んでおかないと自分の命が危ない。
 
でもたまに見る分には可愛いし、
無責任にキャーキャー言うくらいが丁度いい。
 
昔はパンダのような人に惚れる傾向にありましたが、
だからドッと疲れてたんだ!ということも分かりました。
 
次第に一緒にいて和む、
ハムスターのような人と一緒にいたいなと思うように……。
 
 
……でも、あれ?
それ、ちょっと待って、と思って。
 
 

なぜ愛されたいのに、嫌われる行動を取るのか?

 
 
そもそもパンダは人に嫌われたいの?
パンダも誰かに愛されたいんじゃないの?
パンダも誰かに必要とされたいんじゃないの?
 
分からないときは、ペルソナになりきるのが一番だ。
パンダも愛されたいと仮定して、
なぜパンダは愛されたいのに、嫌われる行動を取るのか?
 
パンダ目線で考えたときに、
どうもパンダの行動原理が
人を傷つけたいベースでないことが分かってきました。
 
パンダは傷つきやすいが故に、先に攻撃するのであり、
防御からくる攻撃であること、
見た目はパンダである人が、
相当に繊細で傷つきやすいということも……。
 
それがいい大人で、特に男性である場合、
なかなか相手に弱味を見せられない現実があるのだと再認識しました。
かつ、相手が女性で、
そこがビジネスパーソンの交流の場であったりしたら
なおさらそうなることも……。
 
 

私が惹かれるタイプの傾向

 
 
そう考えたときに、
私が惹かれるタイプの傾向が分かってきました。
パンダタイプの表面的なところではなくて、
内面的なところが。
 
外見と内面にギャップがある人。
多くの人に囲まれて、
楽しそうで幸せそうに見えるのに、
ときおり酷く寂しそうな目をする人。
 
一緒にご飯食べてて、
ご飯美味しい?と聞かれたので、
私が、うん!美味しい!と答えると、
なぜか消え入りそうで泣きそうな顔をする人……。
 
胸が締め付けられる。
なんでこんな、
マイナス要素ゼロの言葉でこんな顔をするのだ?
 
私はどうすればいいんだろう?
どうしたら、パンダの負担を減らせるのかしら?
あなたの願いはなあに?
私にできることはある?
 
 
楽しくないなら無理して笑わなくていいんだけど、
できれば笑っていて欲しいというか、
パンダの笑顔が見たいし、
パンダに優しくしてあげたい……。
 
 

実は私が引き寄せている?

 
 
そうか、
私がそういう人が好きだから、
私が呼んでるんだ。
私が引き寄せていると考えると自然だ。
私はどうもそういうタイプに良く遭うからだ。
 
それなのに、今までの私は、
そういうパンダタイプの人への受け答えが
あまり得意ではなかった。
 
好きだけどメンドくさいし、
手間がかかるし時間もかかる。
しかも言ってることと求めてることが逆だから分かりづらい。
 
よくよく考えてみると、
パンダは檻に閉じ込められていると言うよりかは、
自ら檻に入っているようにさえ見える。
 
傷つきたくないから、自分からは出てこない。
誰かが檻の中へ入ってくるのをひたすら待つしかない。
 
そして檻に入ってくるものには、
攻撃という形でしかコミュニケーションできない。
 
 
凶暴なのになんて
か弱い生き物なんだろう。
 
そして愛しい……。
 
 

私がパンダに伝えたいこと

 
 
少なくとも、私にパンダを傷つける意図はない。
私は優しくしたいだけだ。
 
パンダの気持ちがどうのと言うよりかは、
私自身がパンダに優しくできる自分でありたいから優しくするのです。
 
好きなタイプに優しくすんのって、いたってフツーのことじゃん?
小難しい説明なんぞ不要じゃん?
別にご機嫌取ってるとか、そんなんじゃないからカン違いすんなよと言いたい。
 
人の心の裏を読もうとするからドン詰まるんだよ。
裏の裏はいつだって表じゃん、カンタンじゃん。
 
それだけパンダに伝えて、あとは成り行きに任せよう。
そんなことを思いました。
 
だから今でもパンダは好きなタイプです。
 
 

ペルソナになりきるには……?

 
 
そう考えると、やはりなにごとも、
一度相手になりきってみる!というのが良いと思う。
 
そんな内容のメルマガを配信中です。
女心を理解したいなら、女になりきるのが近道だ!
↓↓↓↓↓↓
http://harshwords.xsrv.jp/eternal-lp4
 
 

 
 

王子月乃
それではまたね!

 
 
/王子月乃

 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
The Creator of the world as itself is itself.
〜あなたのファンを3倍にする、
経営理念をベースに創られたストーリー+漫画サービス〜
【オウジサマアイランド】
http://oujisamaisland.com
 
Prince Charming in Underground Wonderland.
〜アンダーグラウンドの王子様/王子月乃個人サークル”harshwordsworth”〜
【王子月乃Official Blog】
http://harshwordsworth.com

投稿者プロフィール

PrinceCharming
PrinceCharming【あなたのファンを3倍にする漫画家】
ビジネスネーム:王子月乃 / オウジツキノ

--
《ビジネス》
ストーリーと漫画の力を使い、
ファン創りや問い合わせ件数で悩んでいる、
起業家の方のブランディングを
サポート致します。

オウジサマアイランド/オフィシャルサイト:
http://oujisamaisland.com/

--
《職業》
漫画家。
同人サークル"harshwordsworth"代表。

王子月乃オフィシャルサイト"harshwordsworth":
http://harshwordsworth.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket